2012年05月01日

190gとオオクワガタな奴v(^−^)♪♪

アクティオンゾウカブト幼虫のマット交換を一部しました。

孵化一年以内であればそれなりに定期的なマット交換をするのですが一年以降は固体差、飼育容器の容積差等により上側に上がってきた糞の量でマット交換時期を判断しています。

今日、マット交換した幼虫の中で見た目にデカイと思ったのがいたので体重測定をしてみました。

ちょうど190gありました!




4ヶ月程前に180g程あったのですが少しづつですがまだ成長しているようです。

20120501.JPG20120501A.JPG






細長く精々120〜130g台のヘラクレス幼虫とは全然違うのがわかるでしょうか?
幼虫の体の幅、画像でいえば幼虫の奥行きってとこでしょうか(笑)

ゾウカブトを含め160g以上の幼虫を実際に見たことがない人には理解出来ない世界です。


平均身長以上の大人の男の手のひらに乗せるとこんな感じになります。


20120501B.JPG20120501C.JPG




孵化して1年半未満でこの重さ、そして体の色艶と皺の感じからこの年内には200gを超えるのではないかと思います(笑)

きっと血統と幼虫に使用しているマットが良いのでしょう。。

夏場の飼育温度に気をつけて200g超えを早くしたいものです!




さてさて、国産オオの産卵セットを3セット組みました。

今年のオオクワは大型狙い派とクワレガお好み派の2派で楽しみます。


今日セットしたのはクワレガお好み派です。

クワレガお好み派とは@長年続けているホワイトアイ、A大きさはどうでもいいからいかにもオオクワらしい形、B思い入れのある血統、・・等です。


皆、1ヶ月程前から餌をとっている固体なので産卵には問題ないでしょう。。
今日から1.5ヶ月以降に割出予定です。



さて、画像は大型狙い派の固体です。

20120501オオ.JPG20120501オオA.JPG



♂の80ミリ台を普通にバンバン作出出来たら良いですね♪


大型派の固体は体が大きいだけに休眠が長〜いようです。
1ペアが餌を取り始めた所で他の個体はまだ眠ったままです(^^ゞ


時間をかけてじっくり成熟させるのがポイントだね♪


ブリードバンザイ手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

posted by クワレガ at 19:06| ゾウカブト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする